しぐさ 心理 男性 女性

しぐさと心理の関係【男性・女性別】

スポンサーリンク

皆さんは、友達や周囲の人のしぐさを見て、その人の心理を読み取ったことがありますか?
生きていると、こういう不思議な場面に、何度も出くわすことがあります。
例えば、あなたが何かをして欲しいと頼んだ時に、言葉では、「いいですよ。」と言ったとしても、態度には、嫌がっている様子が出ている場合です。
または、にこやかに挨拶しているけど、何かこの人、悩んでいるなとか、考え事をしているなとか咄嗟に感じ取る瞬間があります。
人は、言葉以外の部分でもコミュニケーションを図っているのです。
心理学者のアルバート・メラビアン博士によると、話し手の印象を決めるのは、ほとんど言葉以外の非言語要素なのだそうです。
その内訳を見ると、
身だしなみ、しぐさ、見た目、表情、視線などの視覚情報が55パーセント、声の高低、速さや大きさ、テンポなどの聴覚情報が38パーセント、話す言葉の意味、つまり言語情報が7パーセントとなっています。
つまり、言葉で相手に伝わる部分は、全体の7パーセントにしか、過ぎないのです。
ですので、人とのコミュニケーションを潤滑に行うには、言語以外の部分で伝えていくことが大切になります。
具体的に、どのような方法でコミュニケーションをより良くしていくことができるのでしょうか?
1.ミラーリング
このミラーリングは、相手との信頼関係を構築するため、必要な基本となります。
会話をしている相手のしぐさや話し方などを鏡に映しているかのように真似ることを指します。

スポンサーリンク

わたしも、以前、職場で上司と折り合いがつかなくなった時に、この方法を用いて、関係を改善させたことがあります。
人は、自分と似た要素や性格を持っている人に惹かれます。
だから、このやり方は、効果が絶大なのです。
ですが、逐一、全て、相手の態度やしぐさの真似をすると、相手に不快感を与えてしまいます。
あくまでも、相手の特徴となるしぐさを真似するレベルでいいのです。
2.うなずき方
うなづくというしぐさも、相手に対して、あなたの話を真剣に聞いていますよという合図ですので、とても大切です。
うなずいてもらうことによって、話し手は、自分の話が受け入れられているのだと安心感を覚えます。
3.声のトーン
声のトーンによっても、人は、相手がどういう性格を持っているのか、判断しています。
高い人ですと、軽くて信頼できない、低い人ですと、信頼できるけど、近寄りがたい等です。
このように、人は、話し相手のしぐさや態度を見て、相手の心理状態を読み取っています。
人が異性に対して、この人は自分に好意を抱いていると判断するのも、このようなしぐさや態度からなのです。
このサイトでは、男性、女性のしぐさと心理の関係について、具体的な症例を挙げて、説明しています。
相手の気持ちが今一つ分からない、自分に好意を持っているのかどうか、判断がつかないという時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク