ポケットに手を入れる 心理

ポケットに手を入れる心理とは?

スポンサーリンク

人間はさまざまな仕草でそのときの心理を把握することができます。
そのなかでポケットに手を入れるという日常の中でよくある行動がありますが、この行動で人間の心理状態が分かります。
無意識に出てしまう口癖や仕草の中には、その人の心理状態や正確をよく表しています。
これらは無意識に行っていると言うことで、全く本人は気がついていません。
したがって心理状態や正確を見分けるポイントとしては、普段の生活の中で無意識に出している癖や口癖を発見することになります。
ポケットに手を入れるという行動がありますが、これは多くの人に見られる仕草です。
手にケガをしていて他の人に見られたくないというようなことや、寒いので手を温めるというような理由でポケットに手を入れることもあります。
これらは例外となっていますが、それ以外には次のようなことを表しています。

スポンサーリンク

まずは不安があったり何かをするときに常に自信がないという状態です。
そしてもう一つ本音を話していない状態となります。
また警戒している状態であったり、現在置かれている状況とは違うことを考えているという状態と見ることができます。
なぜこのようなことが考えられるのかというと、手のひらを見られたくないと言うことで、手の内を明らかにしない、自信がない状態を見られたくないという理由からです。
このほかには本心を悟られたくなかったり話している内容が自分にとって都合が悪いと言うことも考えられます。
ポケットに手を入れる人は、たくさんの人で集まったときに自分から話しかけることができずに話しかけられるのを待つ人に多くなっています。
また友達や親戚などと一緒にいても腹の内を見せない秘密主義の人にもこのような傾向が見られます。

スポンサーリンク