両思いなのに話せない 経験

両思いなのに話せない経験

スポンサーリンク

両思いなのに話せない経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。
その理由として、いくつかあげられます。
まず、本人たちに関係なく、周りにはやし立てられるからです。
両思いとなれば、周りの友人たちも本人たちの想いに少なからず気づき、知っていることが多いことでしょう。
そうなると、本人たちが2人で話をしようとするのものならば、誰かがはやし立てることが多いのです。
「ラブラブだー!」「両思いなんでしょう?!」と、そうやってはやし立てられると、なんだか恥ずかしくて話ができなくなることが多いものです。
ましてや、照れ屋同士であったり、中学生、高校生と若い頃であると、ますます両思いなのに話せない状況になるものです。
また、好きすぎて照れくさくて話すことができない、こんな経験も思い当たるのではないでしょうか。
好きな人の前では自分らしくいることができない、目を合わせることができず思ってもいないことを言ってしまう、これは両思いならばよくある当然のことです。

スポンサーリンク

さて、このような経験は思い浮かびますが、どうやって改善すれば良いかと言いますと、前者は簡単です。
電話を利用すればいいのです。
今の時代、無料通話を合わせ持つラインなどの便利なアプリが普及し、通話料金を気にすることなくいくらでも電話をすることができます。
電話ならば、家でかければはやし立てる迷惑な人もいないわけで、2人の時間を十分に味わうことができます。
また、誰にも知られない秘密の会話という、2人だけの隠し事を作っているようで、さらに互いの絆を深め合うことが出来ることでしょう。
では、後者の場合はどうすればいいのかというと、緊張すると上手く話すことができない、思ってもいないことを言ってしまう、と素直に打ち明けてしまうことです。
素直に打ち明けることは、とても勇気にいることです。
しかし、両思いで互いを大切に想い合えるのならば、きっと相手は受け入れてくれます。
そうして、受け入れ合うことで、2人の心はさらに近づくことができることでしょう。
両思いなのに話せないことは決して恥ずかしいことではありません。
2人で良い道を見つけてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク