片思い切符 意味

片思い切符の意味について

スポンサーリンク

現在では、電車に乗るときには切符を購入するということが少なくなっています。
それはICカードなどを利用しているという人が多くなっているからです。
しかしこれは非常に便利なものとなっていますが、持ってくるのを忘れたときには非常に困ってしまいます。
駅で気がついたときには家に取りに帰るのも非常に面倒に感じてしまいます。
このようなときには久しぶりに切符を購入するというのも悪いことではありません。
その中で切符を購入したときに、気になる人と両思いになることができるというような話があります。
この気になる人と両思いになる確率を教えてくれるとされているのが両思い切符となります。
これは切符に書かれている4桁の数字から分かるようになっています。
若い人を中心にこのような話が広まっており、都市伝説と考えられています。
この両思い切符にはどのような意味が込められているのかというと、恋のジンクスということで両思いになる確率を計算することが出来るようになっています。

スポンサーリンク

最近はICカードで改札を通るという人が多くなっています。
しかしこれを忘れたときには切符を購入して電車に乗ることができます。
そこで両思い切符といわれているものの意味ですが、切符を購入したときに、購入時刻が書かれているのを確認します。
この購入時刻の横には4桁の数字がありますが、これを確認します。
4桁の数字の両方の数字が同じとなっている場合には、両思いという意味となります。
しかしこの数字が異なっているということになれば、片思い切符と判断するようになっています。
気になる彼との両思いの確率を知りたいときに切符を購入し、数字が異なっていたら片思い切符となっているのです。
これは恋のジンクスとなっています。
両方の数字が同じで、真ん中の2つの数字は何を表しているのかというと、これは両思いの確率となります。
この数字が高ければそれだけ両思いになれると考えられています。
切符を購入したときには、両思い切符なのか片思い切符なのかを確かめるのも楽しいものです。

スポンサーリンク