片思い 告白の仕方 小学生

片思いを叶える告白の仕方(小学生)

スポンサーリンク

人間はどんな世代でも恋をする生き物です。
そこは小学生でも社会人でも同じです。
そして片思いの相手への告白の仕方に悩むという部分も共通しています。
今回は片思いをしているときの告白の仕方、そしてその際に注意すべき事柄を、小学生向けに説明します。
「告白の基礎」は、相手に直接それを伝えることにあります。
もう既に友達として付き合いがあるから、相手のメールアドレスを知っている、気持ちを伝えるだけならば、メールで充分だと考える人も最近多いですが、それだけは絶対に避けてください。
なぜかと言いますと、メールには言葉の抑揚がなく、それが冗談なのか本気なのか伝わりにくいからです。
また、相手にある種の意志を承諾させるという行為は、こちらが相手の目を見て、それが本気なのかどうかを理解させねばなりません。
そして、直接会って伝えるという行為は、相手にあれこれと考える暇を与えない(断る理由を見つけさせない)という意味からも必要です。
そうした人間心理の動きは、年齢や性別を問いません。

スポンサーリンク

既に友人として付き合いがある(デートと言うよりか、一緒に遊びに行った事があるという表現が適切な間柄)場合は、告白を急がないでください。
相手に何となく好意が伝わっている(片思いをしていると察せられている)のだから、別に構わないのではないかと思われるかも知れませんが、男女とでは気持の盛り上がり方に差があります。
自分がもうその気でいるのだからと、相手の感情を思いやらないのは、告白の仕方としては大変まずいものです。(調査報告によると、男の恋愛感情は右肩上がりに上昇するのに対し、女のそれは緩やかな曲線を描いて進んでいくものとなります)
では、相手の気持ちも熟し、そのタイミングが来たと判断できたときはどうするのかと言いますと、なるべくリラックスできる場所で、ゆっくりと思いを伝えてください。
これは騒がしい場所だと声が喧噪に紛れてしまうのと、早口でしゃべると相手に告白の言葉がうまく伝わらず、雰囲気を壊すことになりかねないからです。
告白はこのように双方の気持だけではなく、タイミングや場所を選びます。
小学生は人生経験が不足で、精神的に未熟な部分があると言っても、人間のそうした法則からは逃れられません。
説明したことに気をつけて告白してみてくださいね。

スポンサーリンク