片思い 連絡やめる

片思いの人へ連絡やめるのが大事な時

スポンサーリンク

誰かを好きになると、その人とどうにかして両想いになれないだろうかと思い悩む方も多いと思います。
考える事は簡単にできますが、それを行動に移すことは大変勇気のいる事です。
では、ここからは片思いの相手のいる方にどのような行動をすれば相手と両想いになれるのかをこれから説明したいと思います。
まず、片思いの相手が自分とどの位仲が良いかがキーポイントとなります。
面識もなく、話した事もない相手を想っている場合、正直に言うとその状態では両想いになれる可能性は大変低くなります。
しかし、そこからなんとかして接点を作っていく事が両想いへつながる第一歩になります。
ですので、面識のない相手に好意を持っている場合は、まずは挨拶から始めてみましょう。
挨拶をされて不快になる人などいませんし、それをその人に会うたびに続けることで、段々と会話ができるようになっていきます。
まずは勇気を振り絞って挨拶を頑張ってみて下さい。
そして挨拶や簡単な会話ができるようになったら、次は連絡先を聞きます。

スポンサーリンク

共通の趣味などがある場合は、それについて語り合いたいと言ってみたり、何かを貸し借りする約束をして連絡先を聞いたりすると、相手もスムーズに連絡先を教えてくれます。
連絡先を教えてもらったら、ここからはできるだけ会話が途切れないような質問の入ったメールなどを送ります。
相手の返事が来たら、なるべく早く返し、できれば毎日連絡を取り合うようにします。
それを1週間以上続けてみて相手の様子が好意的であれば、そのまま連絡を密に取り合いデートの約束を取り付けます。
しかし、自分が連絡をしても返事が素っ気なかったり、返信が遅い場合は、1週間ほど毎日連絡を取りつづけた後、そこからぴたっと連絡をやめるようにします。
連絡やめる事で、片思いの相手は自分の事を考えてくれるようになり、数日後に相手の方から連絡が来たりします。
ですので、急に連絡やめるのは辛いと思いますが、そこは思い切って連絡やめることが両想いへの第一歩へつながるのです。

スポンサーリンク