メール 返信 しない 駆け引き

メールの返信をしない駆け引きテクニックとは

スポンサーリンク

好きな人に自分の気持ちを知られるのが恥ずかしい、もし好意を持たれていないとわかった時にプライドが傷つくのが怖いなど、誰もがネガティブ思想になりがちです。
片思い中は素直に好きと伝えたいけれどそんな勇気もなくモヤモヤしてしまい、気持ちとは真逆の「好き避け」行動をとってしまうのです。
直接聞くのや自分から告白するのが無理な場合、相手が自分をどう思っているか真意を確かめるメールの駆け引き方法があります。
好きな人とのメールのやり取りをしていると、嬉しくなって長いメッセージを送ってしまいがちですが、それはNGです。
なるべく長くしないシンプルな文にして、質問はひとつだけにして返信もできるだけ短文にします。
でも数回に1回くらいは長いメッセージを送り、また短文に戻します。
そして通常は「〜だよね。」「〜なんだ。」という言葉でメールしているならば、たまに「〜そうなんですね。」など敬語で返信をしてみます。
このギャップ効果で相手にインパクトを与えることで、駆け引きの効果を発揮できます。

スポンサーリンク

メールを送る時間や返信の時間もなるべく一定にして、相手に生活の一部として刷り込むのも駆け引きのひとつです。
たまにいつもと違う時間に返信してリズムを崩したり、わざと返信しない日を作るのも印象に残すことができます。
毎回、すぐに送り返すと暇な人と思われたり好意があることがバレバレになってしまうので、タイミングを見計らって駆け引きするのがポイントです。
こちらからメールを返信しない時、相手から他愛もない内容や様子を伺うようなメールが届いたら脈ありの可能性が高いといえます。
メッセージだけでなく、時折、相手が好きそうな食べ物、お洒落なカフェ、新しいお菓子、夜景や公園などさりげない写真を貼付して、それを話題に話を展開させたり「今度、行ってみたいね!」と相手から返ってきたら、デートの約束へと繋がる場合もあります。
ストレートに好きという言葉は避けて「嫌いじゃないな。」とやや遠回しにする方が相手の心に引っ掛かります。
駆け引きを上手に使えば恋愛へと発展させることができます。

スポンサーリンク