メール 返信 駆け引き 期間

メールの返信期間にみる恋愛の駆け引き

スポンサーリンク

近年ではコミュニケーションツールとして携帯電話が欠かせない存在になっています。
そしてその携帯電話に備わっているメール機能があれば、いつでも好きな相手と意思のやりとりが可能になっています。
今回はそのメールを利用した恋愛の駆け引きについて説明していきます。
好きな相手だからと、すぐに返信するのが正しいのか、間を開けるにしてもどの程度の期間にすればよいのかを検証したものです。
気になる相手からメールが届いたのであれば、誰でもすぐに返信をしてしまう傾向にあります。
しかしこれは駆け引きを行う上で好ましい態度とは言えません。
何故かと言えば、向こうから暇を持てあましているのではないかと思われたり、あるいは自分のことを好きなのではないかと、思いを見透かされてしまうからです。
そのため、即座に返信したい気持ちを抑え、ある程度間を開けてからそれをするのが賢明です。
駆け引きの基礎は、自分が何を考えているのかを相手に悟られないことにあります。
それを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

返事の間隔を長くするばかりが芸ではありません。
ときには短い期間の間に連続して返信し、相手に自分の存在をアピールすることも大切です。
これは押したり引いたりした方が、結局は前に進める傾向にあるためです。
メールの内容についても、素っ気ないものを続けるのではなく、5回に1回ぐらいは盛り上がるように工夫をしましょう。
そうしないと自分にまるで興味がないのではと思われてしまいます。
こちらにも緩急をつけ、相手にある程度の緊張感を持たせるのが肝要です。
相手の生活習慣を把握して、効果的と思われるタイミングにのみメールを送るという手法も有効です。
時間が空いているときにメールが来ると、それに目を通す人は多く、習慣的に返信してしまうものだからです。
これは相手に対し、自分も似たような生活スタイルを送っているというアピールにも繋がります。
親近感を持たせることもまた恋愛には重要です。
このように、意識して連絡を取る期間を調整すると非常に有効となります。

スポンサーリンク