バレンタイン後 男性心理 変化

バレンタイン後の男性心理の変化

スポンサーリンク

2月14日はある意味で節目と言える日です。
これはチョコレートというアイテムを駆使し、思いを告白できるときだからです。
今回はバレンタイン後に起きる男性心理の変化について説明していきます。
脈あり診断に使えるものですので、参考にしてください。
バレンタイン後に急速によそよそしくなったという場合は、気恥ずかしくて相手の顔をまともに見られなくなった可能性があります。
これは男性が恋愛に対し奥手であることが多いためです。
今まで恋愛対象として捉えていなかった相手が、好意を告げられたとたんに可愛く見えるというのも、男性心理の現れ、その一つなのです。
しかし、既に意中の相手がいる、もしくは交際相手がいるという場合は、その限りではありません。
下手になれなれしくすると相手に対し誤ったサインを与えてしまうと考え、遠ざかろうとしているのです。
この場合は、事前に情報を入手しておくと判断が容易になります。
共通の知人などを通じて、相手の気持ちを確認しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

バレンタイン後に愛想がよく、そして優しくなったという場合は、チョコがもらえたことが単純にうれしくて、そうしている可能性もあります。
これは好意を示されるのが嫌だと感じる人はあまりいないことに起因しています。
交際相手も意中の相手もいないという男性に見られる傾向です。
このとき、向こうの方から食事に誘ってきたという場合は、仲を一気に進展させるチャンスとなります。
男性心理の常として、好きでもない相手と噂になるのは嫌だという気持ちがあるからです。
そのため、これはこの相手となら恋愛関係になってもよいという気分の表れなのです。
バレンタイン後にチョコレートをくれた女性に気持ちが傾いていったという男性は珍しくありません。
機会が来たと感じたら、女性は一気に勝負を賭けるようにした方が賢明です。
恋愛にガツガツしていると思われたら、引かれるのではないかと考えるのではなく、勢いに乗りそのまま進むという気概がときには必要とされるからです。
些細な変化を見逃さないようにしましょう。

スポンサーリンク