毎日 電話 男性心理

毎日電話する男性心理

スポンサーリンク

携帯電話が普及し、その使用量が安くなった昨今では、気軽にそれを使用する人がたくさんいます。
しかし、一般的に男性は電話がそれほど好きではなく、事務的なものだけをする人が少なくありません。
ですが、気になる人が相手であれば、男性でも毎日電話をしてしまうことがあります。
今回はその行動から男性心理がどのような揺れ動きを見せているのかを説明していきます。
どうしても直接声が聞きたいというケースが考えられます。
これはメールではもの足りず、肉声を聞きたいのだという気持ちの表れです。
男性は興味関心のない相手に必要以上の連絡を取ろうとしないものですから、それだけで遠回しな告白をしているのも同然となります。
これは既に告白を済ませ、意中の相手と交際を始めた男性にも見られるパターンです。
大好きな人と繋がっていると感じられる時間を少しでも長く持ちたいと考えるのは、男女ともに共通しています。
好意を率直に示すサインと判断してよいでしょう。

スポンサーリンク

毎日声を聞いて、それにより安心を得たいという場合もあります。
これは遠距離恋愛をしているカップルなどによく見られる光景です。
男性心理の常としては、本当は好きな相手とずっと一緒にいたいが、社会的立場がそれを許してくれないとなると、せめて声だけでも聞きたいと考えてしまうのです。
日々のストレスから逃れるためにそうしていることもあります。
これは交際相手に精神のよりどころを求めている場合です。
相手に対し恋愛感情は一切なく、友達感覚で毎日電話をかける人も中にはいます。
これは近年増加傾向にあります。
人間関係の希薄化から孤独感を強めた人が、仲のよい相手をいくらか作っておきたいと考えてそうしてしまうのです。
男性心理としては、同性の友達には言いづらいことでも、異性の友達なら平気だということがいくつかあります。
これもガス抜きの一環になるのです。
その人のことが大好きでたまらないということもあります。
思いを一方的にぶつけると女性側の負担になるため、敬遠されることもしばしばあります。
これは何事も節度をわきまえた方がよいという用例見本です。

スポンサーリンク