女性 心理 好意 しぐさ

好意の心理が表れる女性のしぐさ

スポンサーリンク

人の心理は、発する言葉など分かりやすいものだけでなく、態度やしぐさに表れます。
女性が相手の男性に好意を持っているしぐさには、まずはその人をよく見ることが上げられます。
好きな人のことはどうしても気になって見てしまうものです。
逆に、よくその人の方を見るのに、顔は直視しない時も、好意を持っているが直視するのは恥ずかしい時や、相手や周りにばれたくない場合によく女性が取るしぐさの一つです。
周りに分かりにくい態度では、その人の手を見ることが上げられます。
顔を見るのは恥ずかしい場合、その人の手を見ることで、その人の行動一つ一つを見たい、行動を見ることで人となりを知りたいという心理が表れています。
その人の持ち物を観察する行動も、同じようにどういうものが好きなのか、思考や性格を探りたいと思う心理の表れと言えます。

スポンサーリンク

相手を知り、次の段階になると人は自分を相手の認識範囲に入るようにし、話し掛けたり、他愛のない質問をしたり、より自分を知ってもらおうとします。
積極的に相手に働きかける行動には、自分から近づき、軽いボディタッチをするなどがあります。
男性から女性に触るのはよほど親しくならないと時にはセクハラと言われることもありますが、女性から触るのはある程度容認されているため、使いやすい手の一つです。
さりげなく背中を触る、横に来て腕を触るなどがあります。
手を触らずに服の袖をつまんで軽く引っ張るしぐさは、最高に好意が表れているものと言えます。
直接手を触るのは積極的すぎて気が引けるが、好きな気持ちを態度に示したい場合にぴったりで、控えめで可愛らしさも表現できます。
この行動をする人はほぼ相手に好意を持っていると言っていいでしょう。

スポンサーリンク