好き避け 後悔

好き避けで後悔するのは残念

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は、「好き避けで後悔するのは残念」というテーマでお話をしていきたいと思います。
あなたは今、好きな人を好き避けして、悩んでいませんか?
好き避けしてしまう気持ちは分かります。
私も中学生や高校生の頃に、ずっと好き避けをしていたからです。
理由は好きな人の前に出ると緊張して全然喋れなかったんですね。
それと、自分に女の子として自信がなかったんです。
全然可愛くないとか、女性らしくないと思い込みがありました。
だから、話しかけられても素っ気なかったですね。
接するのが怖かった感じです。
最終的には相手も愛想を尽かして、離れて行きました。
とても悲しかったです。心の奥底ではその人のことがすごく好きだったから。
そして後悔したのを覚えています。

スポンサーリンク

そんな私だから敢えて言いたいのですが、好き避けを続けて上手く行くかもしれない恋を壊してしまうのはあなたにとって良くありません。
何年か経って振り返った時に、ちょっぴり辛い経験として思い出します。
そういう経験を通して、成長していくのも悪くはありませんが、出来たら現時点で好き避けを克服して、自分の気持ちに正直になり、好きな人に接して欲しいと思います。
最初は特に難しいかもしれません。
でも、何気ない挨拶から始めればいいのです。
「おはようございます!」「こんにちは!」「また明日まで!」こんな一言から始めましょう。
ぎこちなくなってしまっても問題ありません。
毎日続けていれば徐々に慣れてきて、にこやかに挨拶出来るようになっていきます。
そしてその後、挨拶することに慣れてきたら、少しずつ話しかけて行くことだって可能です。
そのうち相手の方も、感じが良いあなたに好意を持って接してくれるようになります。
だから、今日から自分の好き避けしてしまう態度を変えて行きましょう。
どんなに難しくても本当に願えば勇気を出せるはずです。
勇気を持って行動に移せば、自分の中で経験が蓄積されて自信にも繋がっていきます。
だから頑張ってくださいね!

スポンサーリンク