頬に手を当てる

頬に手を当てるしぐさの意味とは

スポンサーリンク

会話の途中や相手に見せる反応などで、顔の表情や手の動きで気持ちを上手く表現しようとします。
表情ならその気持ちも読み取れますが、手の動きから見る何気ないしぐさにも実はある気持ちが隠されています。
このしぐさで男女共通に見られるのが、頬に手を当てることです。
頬に手を当てる人はときどき見かけることはありますが、自分でもこれをしたことのある人は多いのではないでしょうか。
どんなときにこれをしたのか忘れてしまっている人もいるかもしれませんが、これは恋愛面で照れたときや恥ずかしいときにしてしまうしぐさなのです。気になる人に話しかけられて恥ずかしくなってしまったときや、顔が赤くなっているのを隠そうとして手が自然に動いてしまうんですね。
このことが分かれば、相手が今どう思っているのかが分かってくるようになるでしょう。

スポンサーリンク

頬に手を当てる理由は分かっても、なぜ頬の部分に手を当てるのでしょうか。
これは、顔が赤くなっている状態では、頬の部分が一番目立つところだからです。
顔が赤くなると頬が熱くなるので、自然と手が頬に行ってしまうのでしょう。
また、照れたときににやけてしまう人もいるかもしれません。
それを人に見られたくなくて、そういうしぐさをしてしまう場合もあります。
このような頬に手を当てるしぐさは、一見かわいく見えてしまうこともあるので、若い女性しかしないことが多いです。
一部の男性もしてしまう人はいますが、女性と比べたら少ないのかもしれません。
気になる人がこのようなしぐさをしていたときは、恋をしている可能性が高いでしょう。
その相手が誰なのかさらに気になってしまうところですが、とりあえず相手の気持ちがこれで少なからず分かるので嬉しくなりますよね。

スポンサーリンク