既婚男性 好意 サイン

既婚男性の好意のサインにはどう対処する?

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!お元気でお過ごしでしょうか?
今回は「既婚男性の好意のサインにはどう対処する?」についてお話をしていきたいと思います。
毎日勤務している会社や英会話スクールなど習い事で知り合った既婚男性。
なんとなく以前から好意を持たれている気がするけど、本当のところ、どう思われているのか分からない。
こういうことってよくあると思います。
ここでは既婚男性が好意のサインを態度やしぐさを通して、どんな形で伝えて来るのかをお伝えしていきましょう。
1.彼氏がいるかどうかを訊いてくる
既婚男性には既に結婚して家庭がありますが、新しい刺激や冒険が欲しくて他の女性を探す場合があります。
そういう意図があると好意をもっている女性に彼氏がいるかどうかを確認してきます。
冗談交じりに聞く場合もあれば、「彼氏と週末デートに行くの?」など質問を絡めて訊いてきます。
そういう時に、あなたの方で「彼いないんです。」などと答えると人によっては脈ありサインだと勘違いしてあなたに接近しようとします。
2.奥さんやお子さんの話をしない
既婚男性には家族がありますが、女性に好意を寄せていると自分の家族の話をしない場合があります。
これは自分を一人の男性として見て欲しいという気持ちの表れなのです。

スポンサーリンク

自分の魅了的なところをアピールしてあなたに好意を持って欲しいと思っていると家族の話題を避けるのですね。
また、人によっては、既婚者であることを隠して独身であると偽り、女性に近づく場合もあります。
これも好意を持っている女性に近づくきっかけを作り、仲良くなりたいとおもっているからなのです。
3.用事がないときも連絡が来る
週末など仕事と関係がない日にも連絡が来る場合は、好意を持たれている可能性が高いです。
「今日は何するの?」「週末の予定は?」など、あなたのプライベートを知りたがる傾向がありますが、これは出来たら一緒に時間を過ごしたいと思って、機会を狙っているのですね。
このように既婚男性の中には、女性に好意を寄せていると態度やしぐさでサインを出して来るタイプの男性がいます。
あなたの方でもOKのサインを出すと段々、態度が大胆になってくるので分かるはずです。
でも、あなたがひとり暮らしで寂しいからとか、彼がタイプだからという理由で安易に付き合い始めると、段々と難しい問題に直面していくことになります。
相手には家庭があるので、どんなに情熱的な恋をしても幸せになれることはまずないからです。
男性が既婚者だったことを知らなかった場合は、分かった時点でキッパリ付き合いを辞めるようにし、また、既婚者だと分かっていても付き合ってしまった場合はそれ以上関係を長続きさせないようにし、自分にふさわしい男性を探して下さい。
それがあなたが幸せになれる唯一の道です。

スポンサーリンク