助手席 女性 しぐさ

女性の助手席でのしぐさは見られている

スポンサーリンク

好きな人ができたり恋人ができると、車で出かける機会もでてきます。
その車の中でのちょっとしたしぐさは、相手に自分の好感度を上げることにも、逆に下げることにも繋がります。
車の中という狭い空間で距離感も近いので、助手席の相手のしぐさは目につきますし、それが好きな女性となると、余計に気になります。
好きな人とのドライブを楽しく終えるためにも、自分の好感度を上げるためにも、初めて車に乗る場合は特に気をつけたいところです。
うまくいけば良いアピールの機会になること間違いなしです。
では、好きな人と車に乗る場合、どのように振る舞えば良いのでしょうか。
まず、考えなければいけないのは、その車は、彼の大事な所有物だということです。
車好きの人であれば、特に女性のしぐさは見られていると思ったほうがよいでしょう。
仮にその車が彼の所有物ではなく、レンタカーだとしても、彼の所有物だと思い振る舞うことです。
助手席に、次にまた乗せたくなるような、そんなしぐさをめざしましょう。

スポンサーリンク

具体的には、飲食する場合は食べこぼしなどに気をつけましょう。
かわいらしくお菓子をほおばっても、ぽろぽろこぼしてしまっては、印象が悪くなってしまいます。
また、道に迷ってしまったり、相手の方があまり運転が得意ではないのかなと思わせる運転ぶりだった場合、なるべく平静を装うことです。
たとえ、自分が道に詳しくても決して運転を指示するような態度をとらないことです。
優しく、そしてさりげなく、うながすのが良いでしょう。
駐車に時間がかかったりした場合も、楽しい話題で盛り上がり『そんなの気にしてませんよ』という雰囲気を出したり、もしくは気づいてないふりでもしておきましょう。
相手の方も緊張しているかもしれないということを頭に入れ、優しく楽しく対応することが重要です。
後は女性ならでは気遣いとして、運転している方に、飲み物をベストなタイミングで手渡して上げたり、車道に出る場合に車の往来を一緒に見てあげ、さりげなくサポートしてあげましょう。
ちょっとした気遣いと優しさ、後は楽しく過ごせるように意識して振る舞うことが大切です。

スポンサーリンク