男 照れ隠し 仕草

男性が見せる照れ隠しの仕草

スポンサーリンク

男性は、女性とは異なり、あまり感情をストレートに出さず、また、シャイな人も多いため、本当の気持ちが分かりにくいと言うことがあります。
褒められても素直に喜ばず、とても嬉しいのに、その気持ちを必死に隠していると言う姿も見受けられます。
このような照れ隠しをする時に、男性はどんな仕草をするのかと言うことを知っておけば、少しは、相手の気持ちが分かるようになるのかもしれません。
まず、典型的な仕草の一つに、照れ笑いがあります。
例えば、何かを褒められて、うれしい気持ちがありつつも、恥ずかさをごまかすために、照れ笑いをすると言うパターンです。
本当は、嬉しくて気持ちを爆発させたいはずなのに、それを押し殺して平然を装います。
しかし、つい顔には出てしまって、顔のほころびが隠せずに、笑ってやり過ごす、と言う仕草が照れ笑いです。
顔を見れば笑みが浮かんでいるので、これはある意味、とても分かりやすい態度なのかもしれません。

スポンサーリンク

そしてもう一つ、頭を掻くと言う仕草があります。
これも、比較的分かりやすい照れ隠しかもしれません。
例えば、何かを褒められた時に、会話をしながら、照れ笑いをしながら頭を掻くと言う仕草です。
男性が手を広げて頭や髪を触ると言う行動は、快適さを表していると言う、心理学的分析もあります。
そのため、頭を掻くと言う仕草は、心の中では、喜びや嬉しさを感じていることには、間違いありません。
そして、口元を隠すと言う行動も、照れ隠しの一つとして挙げられます。
これは、驚いた時などに良く見られる行動ですが、嬉しい時にも、手で口を隠すと言う行動をすると言われています。
これは、喜びや嬉しい気持ちから、おもわず口元が緩んでいる所を見られたくないと言う気持ちから表れる行動です。
さらに、その人ならではの照れ隠しもあります。
例えば、急に飲み物を飲みだしたり、急に落ち着きがなくなるなど、普段あまりしないような行動が見られたら、それは、照れ隠しなのかもしれません。

スポンサーリンク