男性 照れる 仕草

男性が女性の前で照れる時に見せる仕草

スポンサーリンク

誰でも好きな人の前では、緊張して照れるような一面を見せてしまうこともあります。
相手の気持ちが分かっていれば、その仕草を見た時かわいらしいと思ってしまいますよね。
男性にも、こういう仕草が見え見えになってしまう特徴を持っています。
そこを気を付けて見ていけば、相手の思いが少しずつ見えてくるかもしれません。
男性がよくしてしまいがちな照れる仕草といえば、視線をそらしてしまう行為です。
気になる人がいれば、ついつい視線がそこにいってしまうものです。
そのときにふと目が合えば、とたんに視線をそらしてしまいます。
違和感のあるそらし方なので嫌な感じを受ける人もいるかもしれませんが、これは気持ちを隠そうとして慌てて出てしまう行為なので、決して嫌いというわけではありません。
男性は特に不器用な態度が目立ってしまうので、視線をそらすという点ではよくある照れ隠しなのです。
ちなみに、本当に嫌いな相手であれば、視線を追うようなこともありませんよね。
だから、こういったことがよく起きたときは、異性として照れる仕草ととらえていいのかもしれません。

スポンサーリンク

あとは、身振り手振りがオーバーになってしまうこともそうです。
普段は落ち着いた雰囲気の人が、特定の相手の前では急にこのような動作をしてしまう場合もあります。
これも、緊張を隠そうとしてその気持ちが体に出てしまうので、照れる仕草の典型的なパターンですね。
また、自分を良く見せようとしてこういう動作をしてしまう場合も考えられます。
気持ちが高まっていたりやる気がある場合は、言葉だけでなく体にまでもその思いが出てしまうのです。
これと同じように、体の一部分を余計に触ってしまうことも照れるあらわれと見ていいでしょう。
女性でも、自分の髪の毛や頬をやたらと触ったりする人もいますが、これも男性バージョンとして見ていけば分かりやすいです。
男性でいえば、頭をかいたり、顎や服を触るなどの仕草が多いかもしれません。
気持ちが落ち着かないので、格好をつける意味でもやってしまいがちなのです。
男性は特に、気持ちのあらわれが分かりやすいので、その思いがすぐに見えてきます。
こういった照れる一面は、女性からすれば母性本能をくすぐられる瞬間でもあるので、理由が分かると嬉しいものです。

スポンサーリンク