男にモテる仕草 中学生 女子

女子中学生が自然に使える男にモテる仕草

スポンサーリンク

中学生の学校生活は勉強にスポーツ、そして恋と様々な面で活動的かつ多感な時期です。
特に恋愛面に至っては思春期ということもあって、異性を否応なく意識する年頃と言えるでしょう。
女子の観点から見れば、どれだけ意中の男子と接する機会を設けられるか、そしてどれだけ早く彼氏を作る事が出来るかが、さながら至上命題のように心の大半を占めるようになるものです。
基本的に中学生の女子生徒は仲の良い女友達のグループで行動を共にする事が多いため、その限られた機会の中でいかに好きな男子にアプローチ出来るかを心の中で模索しているのです。
数少ないチャンスで男子の気を引くには、男にモテる仕草を身につける必要があります。
中学生は義務教育過程の10代ということもあり、経済力や大人の色気などを武器に出来る成人に比べると、恋愛面での駆け引きはものすごくシンプルな形であるのが一般的です。
ですが、そのシンプルさの中にも恋心に揺れる女子の繊細な機微が隠されていると言っても良いでしょう。

スポンサーリンク

女子が学校生活の中で活用できる「男にモテる仕草」は思いのほか多いものです。
そのひとつひとつは至ってシンプルでさりげないものですが、それらを継続して行う事で徐々に男子の気を引く事が可能になるのです。
例えば朝の挨拶がそうです。
登校中の通学路でバッタリ顔を合わせた時や教室で会った時に「おはよう」と一声かけるだけで良いのです。
最初のうちは相手の方は「ただの挨拶」という認識でしかないかもしれませんが、毎回それを続ける事で挨拶をしてくる女子の顔と名前と声が男子の中にインプットされるのです。
そうすると不思議なもので、いつしか相手の方から「おはよう」と挨拶をしてくるようになるのです。
そして「おはよう」の後には「今日はテストだな」とか「午後から天気が崩れるらしいぞ」と言った具合に、何気ない一言が付け加えられるようになります。
ここからふたりの間で徐々に会話が膨らむようになり、自然と親密な間柄になるというわけです。
たかが挨拶と侮ってはいけません。
これも立派な恋愛テクニックのひとつなのです。

スポンサーリンク