人見知り 女性 好意 しぐさ

人見知りする女性の好意を持っているしぐさ

スポンサーリンク

人見知りをする女性の好意を持っているしぐさを見極めるのは、とても難しいことです。
人見知りをする女性は、警戒心が強く、他人に本音をなかなか見せないので、少しずつ警戒心を解くように、アプローチしていきます。
積極的にアプローチすると、逆にどんどん警戒されてしまうので、まずは顔を合わせたら、必ずあいさつをするようにします。
普通にあいさつを交わせるようになったら、会話もしやすくなり、女性の警戒心もなくなっていきます。
そうして、焦らず少しずつ相手の心を解きほぐしていきます。
人見知りでも、決して話すのが嫌いというわけではなく、ただ相手に慣れるまで、恥ずかしいという気持ちが強いだけです。
しかし、仲良くなっていけば、会話も弾むようになり、だんだん心も開いていきます。
人見知りの女性は、最初は目を合わせて、相手と話すことができません。
そのため、女性のしぐさをよく観察して、目を合わせて話してくれるようになったら、相手も好意を持っている可能性が高いです。

スポンサーリンク

人見知りをする女性は、好意を持っていても、自分の方からアプローチしたり、告白することはまずありません。
男性の方から、アプローチされるのを待っています。
警戒心は強くても、好意を持っている男性にアプローチされたら嬉しいので、連絡先を聞かれたら教えてくれます。
そのため、少しずつ仲を深めていって、連絡先も教えてもらえて、二人で会うようになれば、ほとんど恋人になれたも同然です。
告白したら、必ず成功します。
人見知りをする人は、最初は壁を作っているようで近づきにくいですが、こちらからアプローチすれば意外と心を開いてくれます。
感じ悪いな、自分は嫌われているのかな、と早い段階であきらめてしまうのはもったいないです。
恥ずかしそうに、目をそらして話す場合は、緊張しているだけです。
また、警戒心が強いので、簡単に他人と仲良くなることがありません。
そのため、付き合っても浮気をする心配がなく、信頼して良い関係を築いて行くことができます。

スポンサーリンク