好き避け 男性 視線 特徴

視線を男性から感じたら好き避けの特徴かも

スポンサーリンク

恋をすると、人はどうにかその相手と仲良くなりたい、今よりも相手のことを良く知りたいと考えるようになります。
積極的な人であれば、自分の気持ちのままに相手に話しかけたり、アタックをすることができるでしょう。
しかし、受け身であったり、片思いの相手に真剣であればあるほど、あからさまなアタックをなかなかできなくなってしまうタイプの人もいるものです。
元来、男性の方が恋愛には積極的で、気になる女性ができたらその人に自分のことをアプローチする人が多いものでした。
その一方で近年では、草食男子なる男性が増えてきたり、その対極として肉食女子が現れるなど、以前とは恋愛の仕方が変わってきているようです。
そんな中、増えてきたのが「好き避け」をする人たちです。
好き避けをする人の特徴は、話しかけても視線を合わさない、そっけなく冷たい態度をするなどがあります。
これだけを見ると、あたかも自分は嫌われているのかもしれないと思ってしまうような態度を取ってしまうのが、好き避けの特徴です。

スポンサーリンク

好き避けをしているかどうかを知るためには、いくつかのチェックポイントがあります。
このような行動を取ってしまう理由は、どのような理由であれ、まず第一に周りにいる人たちに自分の気持ちがばれてしまうのが恥ずかしい、怖い、困るなどの気持ちがあるからです。
しかし、嫌いだからその人を避けているわけではないため、いくら好意を抱いている女性を避けているとしても、ふとしたときに本当の気持ちが行動に出ていることがあります。
特に、男性は女性よりも感情が行動に表れやすい生き物です。
最も分かりやすいのは、やはり視線でしょう。
好きな人がいる人なら、誰でも好きな人のことを無意識に目で追ってしまった経験をしたことがあるはずです。
これと同じように、好き避けをしているだけなのであれば、一緒にいるときには視線をそらしていても、少しその男性から離れた場所にいるとなぜかいつも視線が合ってしまう、ということが多いです。
嫌いであれば、その人のことを目で追うようなことはしないものです。

スポンサーリンク