女性 嫌い避け 職場

女性が職場で嫌い避けする時の特徴

スポンサーリンク

好きな女性に好意を知られてしまった時、それまでと態度が変わってよそよそしくなってしまうことはよくあるものです。
これは意識するがあまり自然に接することができなくなってしまうということなのですが、好きで避けている場合と嫌いで避けている場合のどちらも態度がよく似ているため判別がつきにくく悩みの種となることもあります。
好き避けの場合は相手の女性が「本当に自分のことを好きなのかどうか確かめたい」という思いがあることや、職場内であれば「自分の勘違いで恥をかきたくない」という思いが原因となることがあります。
好き避けの場合は他の女性とわざと仲良くして見せるなどの誤解を生むような行動を慎みながら相手との時間を積極的に作っていくと良いのですが、問題は嫌い避けです。
この場合、相手は嫌いで避けているので会話する機会を持てば持つほどますます嫌われてしまいますし、職場であれば仕事にも影響が出てしまうため注意が必要です。

スポンサーリンク

職場で女性が自分のことを嫌い避けしているかどうかを確かめる方法として、視線がどこにあるかということは重要なポイントの一つです。
恋に落ちた時は相手のことをついつい目で追ってしまうものです。
一方で嫌いな相手や、これ以上仲を深めたくない相手の場合はできるだけ目を合わせないようにすることは経験がある方もいるのではないでしょうか。
つまり、好き避けの場合は会話ではそっけなくても視線がこちらを向いていることが多く、嫌い避けの場合はこちらを見ていないということが判別のポイントとなります。
好きでも嫌いでも態度にはそれなりの変化が出るものであり自然体で接しにくくなるものです。
さらに、会話の中でもあまりこちらに興味が無いということをあえて伝えてくるような場合も脈なしの可能性が高くなります。
しかし嫌い避けと思い込んでいてもよく目が合うといった場合は、好き避けの可能性も捨てきれないので、なるべく相手が安心して素直に心を開けるように工夫をして接してみましょう。

スポンサーリンク