好き避け 後悔 女性

好き避けして後悔している女性の特徴

スポンサーリンク

好きな人に対して話しかけることが出来ないだけでなく、話しかけられたのにそっけない態度を取る好き避けをしてしまう女性は少なくありません。
好き避けは男女ともに起こりうる状態ですが、女性の場合は一般的に男性からアプローチ、告白をされて恋人になるというイメージが昔からあるため積極的になることに躊躇してしまいがちで男性よりも好き避けは起こりやすいと言えるでしょう。
しかし、好き避けをせずにストレートにアプローチしたり、積極的に相手と仲良くなろうとする女性もたくさんいるため、そっけない態度を取っている間に他の女性に意中の相手を取られてしまったということも珍しいことではありません。
このような状態になってから後悔しても遅いのですが、こういった経験をしてもなかなか簡単には積極的になれるものではありません。
好き避けして後悔した経験がある女性は自己分析をして次にまた同じ失敗をしないように対策を立てることを考えてみましょう。

スポンサーリンク

男性にとって好き避けをされている状態はあまり嬉しい状態であるとは言い難いものです。
誰しも相手の反応を見ながら自分に対して好意があるのかどうか伺っています。
もっと強引に来てくれたら安心して返事をすることができるのにと考えがちですが、職場内など波風を立てられない場所では強引なアプローチは難しいものです。
女性側としても好きな人からのアプローチなら嬉しくても、気が無い相手から何度も告白されたら困ってしまうものではないでしょうか。
まともな男性ほどそういった状況を避けるために相手の微細な反応を伺って、これ以上アプローチするかどうかを見極めているということになります。
そのため、そっけない態度を取り続ければしつこいと思われないため、アプローチすること自体をやめてしまうという結果になっても仕方のないことなのです。
後悔しないためにも、そっけない態度を取ることはまずやめて、少しだけ勇気を出して笑顔で返事をしてみるように努力しましょう。

スポンサーリンク