好き避け 飲み会 女性 心理

飲み会で好き避けの態度を取る女性の心理

スポンサーリンク

飲み会は学生同士の仲間や、職場などでよく行われるイベントですよね。
いわゆる交流が深まる場となるので、これをきっかけに仲が深まるという人も少なくありません。
お酒を飲むことでお互いの感情が素直に出るので、相手に対する好き嫌いがはっきり出てくる場でもあるのです。
ここで、本当は相手のことが好きなのに、あえて好き避け行為を見せてしまう人もいます。
特に女性は、飲み会で気配りを発揮する人も多いので、楽しい場で人を避けるような行為を見せることはほとんどありません。
しかし、あからさまに好きという態度を取るのが恥ずかしい思いから、好き避けに走ってしまいがちです。
飲み会という仲良くなれる機会に、どうしてこういう行為をしてしまうのか、男性から見ると分かりにくいかもしれませんね。
けれども、女性という立場から、他の人を意識したり複雑な感情を抱いてしまうことから、隠し切れないという点があります。
避けられる行為はあきらかに嫌われてると思ってしまいますが、その理由を知ることで女性特有の繊細な心理が見えてきます。

スポンサーリンク

飲み会は同性同士で行われることも多いですが、職場やサークルとなると異性同士になることも当然あります。
大人であれば男女へだたりなく会話をし、その場を盛り上げようとする態度が一般的ですよね。
女性はこういう態度を特に意識してしまう人が多いので、みんながいる場所で特定の異性と仲良くする行為を遠慮してしまいます。
これは人の目を意識するという意味でも、特に同性に対する配慮を取ることが目立ちます。
女性同士では、そういうあからさまな異性に対する態度に厳しいので、好きな人に対しては特に敏感になってしまうからです。
男性でも、学生時代にそういうことでからかわれるのを嫌って、ついつい好き避けに出てしまうこともあるので分からないわけではないですよね。
また、この行為自体に相手に対する嫉妬も含まれています。
好きな人が他の異性と仲良くしている姿を見たり、楽しそうな雰囲気が嫉妬に出てしまうことがあるからです。
そこには自分も一緒に相手と楽しみたいという思いが強くあるため、複雑な感情となって態度に出てしまうようになります。
好き避け自体が人の心理の複雑さをあらわしているものなので、それを読み取るのは難しいかもしれません。
しかし、この女性ならではの感情も分かれば、相手に対する見方が変わってくるかもしれませんね。

スポンサーリンク