好き避け メール 女性 特徴

女性が好き避けをしてしまうメールの特徴

スポンサーリンク

好き避け行為は、直接的な態度だけでなく、メールのやり取りでもあらわれてきます。
女性は基本的にこういうやり取りはマメな方ですが、そこに嫌われているような感じを受ければ必ずしもそれが本当だとは言えません。
もともとマメな方ではない人もいるでしょうが、だいたいどういう人なのか分かっている場合はなおさら違和感を感じてしまいます。
そこには、好き避けという意味も含まれるので、この特徴を理解すれば女性の本音が見えてくるかもしれません。
まず、メールの返信が早いほど好意があると思われがちなので、これをあえて遅く返信する場合が当てはまります。
早く返信をしてしまうと好きと思われるのが恥ずかしいので、わざとそう出てしまうのです。
返信が遅れた場合は、「用事があって気づかなかった」という言い訳をよくしてきます。
これも、素直な気持ちを隠すためにわざわざ付け加える言葉なので、こういう特徴は好き避け行為の中でも、女性らしい恥じらい可愛らしさが出てしまうところです。

スポンサーリンク

また、そのメールの内容にも注意しておくと、特徴的な部分が見えてくるようになります。
まず、絵文字はあえてほとんど使いません。
好きな人や親しい人には頻繁に使いがちですが、これを控えてしまうのも好き避けのあらわれの1つです。
本当はこの気持ちを絵文字であらわしたいのに、好きだからこそ反対に出てしまうのです。
ただし、絵文字は使わなくてもその中身が親密な内容だったりすることが目立ちます。
相手のことをよく知りたいので質問が多くなったり、遠回しな言い方で思いを伝えてくることがよくあります。
直接会ったときに普段言わないことをメールで伝えてくるので、この思いこそが相手に対する好きという感情のあらわれとなります。
ただ、はっきりとした言い方ではないので、その特徴が見えづらいかもしれません。
しかし、普段とは違って、簡潔ながらも親密な内容だと感じる場合は好き避けの可能性は高いです。
質問行為は相手に興味があるからしてくることで、何気ない素直な思いも相手に気づいてほしいから伝えてくる行為です。
女性は特別な異性に対してだけに、こういう思いを見せるところがあるので、それに気づけばその思いをくみ取ってあげることも優しさになります。

スポンサーリンク