好き避け 告白 女性 秘訣

好き避けする女性が告白する時の秘訣

スポンサーリンク

好きな人に、自分の思いを伝えることから、恋は始まります。
告白は、恋愛を成功させるにあたって、避けて通れない行為です。
しかし、告白するのはなかなか勇気がいるものです。
特に、好き避け行動をしてしまう人にとっては、とてもハードルの高いものです。
好き避けとは、好きな相手に対して、およそそうとは見えないような行動をとってしまうことを言います。
例えば、好きな人と話しているのに、目を合わせない、冷たい態度を取ってしまう、好きな人と一緒に並んで歩けるチャンスなのに、あえて並ばないで近くにいくことを避ける、などの行動があげられます。
好き避けをしてしまう人は、少なくありません。
特に女性だと、自分の好きという気持ちを知られることが恥ずかしい、という心理から、好き避けをしてしまいがちな人が多くいます。
しかし、恋を成就させるため、相手には自分の気持ちを知ってもらわなくてはなりません。
では、好き避けしてしまう女性が告白するときの秘訣とは、どのようなものでしょうか。

スポンサーリンク

まず、重要なキーワードは、ギャップです。
普段から、冷たい態度など、好きな相手にあまのじゃくな行動をとってしまう場合、相手の男性は、自分のことが嫌いなのかな、と思ってしまいます。
しかし、いつもはそんな態度をとっている人が、告白のとき、女性らしく、照れながら、素直に気持ちを伝えるのを見たら、いつもと違うギャップを感じます。
人間は、いつもとは違う、という態度や行動を見るとき、それがプラスに働くことが良くあります。
例えば、見た目がチャラチャラしている若者が、電車でお年寄りに席を譲っているのを見たら、本当はしっかりしているんだ、というようなギャップを感じます。
それと同じように、プラスのギャップを感じさせることで、相手に好印象を与えることができます。
よって、告白の秘訣は、とにかくその時だけは素直になる、ということです。
ありのままの気持ち、表情で、素直な感情を表現することで、告白の成功率は格段に上がるものと思われます。

スポンサーリンク