既婚男性 好意 しぐさ 態度

既婚男性の好意のあるしぐさや態度

スポンサーリンク

既婚であっても、結婚相手以外の異性を好きになる事はあります。
気持ちを伝えるかどうかには違いもありますが、気持ちを感じ取れてしまうという場合もあります。
既婚男性からの好意を感じるしぐさには、相手の女性を追う視線が挙げられます。
飲食店などで食事をしている場面でも、面識がない女性を追っている視線を送る時があります。
男性側からは、相手の女性がその視線に気付いてくれるのを、故意に待って女性の動きを凝視している事もあります。
職場などでは、面識がある場合もありますが、特定の女性を追う視線は、女性に対する興味が沸いています。
職場などの場合には、仕事やそれ以外の一般的な会話ができる関係性が形成されている間柄もあります。
その様な場面で、既婚男性が、度々話しかけてくるケースもあります。
態度としては、相手の女性を見つけると接触してくるため、やや馴れ馴れしい態度になっていたりもします。
男性からしてみると、自分の好み、フィーリングの合う女性に対して行うため、好意を示す対象が複数になっている場合もあります。

スポンサーリンク

既婚男性の好意が、しぐさに直結する場合もあります。
例えば職場でも、上司にあたる男性と仕事の会話をする際に、話を終えようとすると、呼び止める様なしぐさをする事があります。
内容が仕事の話で続行されるケースもありますが、そこからプライベートな話題に移行していく場面も見られます。
男性側からすると、好意をもっている女性と、きっかけを作って接触していたい、という気持ちが働いています。
積極的な既婚男性もいますので、職場であっても気持ちが自然としぐさに繋がっている場合もあります。
また、明確な好意をもった態度としては、やはりプライベートな質問をぶつけてきたり、コンタクトが取れる方法を尋ねてくるなどがあります。
この場合には、明らかに自分の気持ちを相手に表現しているケースでもあり、軽く聞いてきたとしても、好意をもっている事に違いはありません。
仕事で面識がある関係でも、そこから関係性を発展させようとしている可能性が窺えます。
ですが、既婚男性は家に帰れば家庭がある身なのですから、交際に至るきっかけを作るようなことは避けるようにしましょう。
あなたの将来のためにも、相手の男性のためにも、一線を画することは大事なことなのです。

スポンサーリンク