男友達 好意 しぐさ

男友達の好意のあるしぐさ

スポンサーリンク

友達には、友情が芽生えていながらも、恋愛感情が突如発生する場合もあります。
友達としての関係から、更に発展していくケースも存在しています。
男友達からの好意が感じられるしぐさには、テレがあります。
友達でいられる内には、一緒にいる事、共に行動する事に対しても、違和感なく自然な態度が感じられます。
それが、一旦好意的な感情が芽生えてしまうと、そこからは、相手との接触に恥ずかしさが伴う事があります。
一緒に出かける誘いをする、される場合においても、それまでは素直な態度に出られたのに、テレを伴うしぐさになってしまう事があります。
男友達の好意を感じる場面には、自分を優先的な立場として迎え入れてくれる時でもあります。
共通する複数の友達と交流している場合には、その友達との態度やしぐさを比較すると、気持ちの違い、対応の違いを汲み取れる事があります。
好きな気持ちがあると、どうしてもその人に対する対応が違ってしまい、優しさのある対応になってしまう事があります。

スポンサーリンク

時間は、付き合いのある人との親密さを示す事があります。
例えば電話などの場面では、男友達と長時間にわたって話すなどの場合もあります。
電話の向こうでも、好意のあるしぐさを感じる事ができます。
長時間にわたって、女性側が一方的にしゃべり続ける様な場合には、相手は聞き役に回る事になります。
聞き役としての役目は、話の内容を理解したり、途中で的確なアドバイスをする事も含まれます。
この様な事が度々重なっても、変わる事なく受話器の向こう側で聞いていてくれるのは、好意のあるしぐさに繋がっています。
友達の場合には、ある程度の関係性が存在しているため、相手とのボディータッチが発生する事もあります。
例えば、洋服に小さなゴミがついていて、男友達がそれを取り除いてあげる場面があります。
その時に、ゴミを取った後、女性がそれに気付いて男友達を見た時、目を合わせないしぐさの場合には、好意をもっている可能性があります。
視線は、その人の気持ちを如実に表している事があります。
目を合わせないというのは、気持ちの中で後ろめたさがある時、あるいは好きという気持ちからの恥ずかしさやテレが発生している事が多くあります。

スポンサーリンク