女性 好意 サイン 近寄る

女性が相手に近寄る距離と好意のサイン

スポンサーリンク

女性が好意を示すサインというのは、男性と比べてなかなか難しいです。
なぜなら、基本的に女性は社交的な雰囲気を見せようとするので、誰に対してもいい人であるように心がけるところがあるからです。
けれども、これはあくまでも表向きの態度で、内面は違います。
神経質な特徴も目立つので、些細なことでも嫌いになってしまいがちですが、それを態度で分かりやすく表すようなことは、大人の立場という意味も込めてほとんどしません。
ただし、何気なく出てしまう態度の中に、このサインは相手に好意があるというのがあります。
それは、相手に近寄る距離です。
この距離が近いまたは遠いかによって、相手に対する感情が見えるので、客観的に判断していくと実に分かりやすいです。
しかし、ここで要注意なのが、基本的に誰に対しても社交的な態度を取ることから、必要な場合はそれなりに近寄る行為を見せてきます。
こういうところがあるので男性は勘違いしやすいのですが、ここも見極めなければいけません。

スポンサーリンク

女性は、相手に対する距離を非常に意識します。
これをパーソナルスペースといい、警戒心が強いという意味から、生理的にあらわれてしまうのです。
特に異性に対してはなおさらで、男性に対する距離のあらわれ方ははっきりしています。
近寄るという行為は、好きな相手ほど距離が縮まりますし、嫌いな相手や親しくない相手ほど距離を保とうとします。
人の心理の基本的なあらわれなので、パーソナルスペースを意識する女性は特に好意のあらわれ方が違ってくるわけです。
そして、相手に近寄るサインを見せてきても、必ずしも好意があるとすぐに受け取ってしまってはいけません。
問題はそのときの態度です。
自然と顔を近づけてきたり、ボディタッチをしてくる場合は素直に好意と受け取ってもいいでしょう。
ただ、これは恋愛感情があるという意味とは言いきれないので、人として好きであるということは確実です。
これとは正反対に近寄る行為を見せても、2人の間にバッグなどを置かれたり、極端に顔を離して喋る態度は警戒を意味しています。
顔を近づけたり離す行為というのは分かりづらいかもしれませんが、顔は視覚や臭覚などの機能を持つ部分なので、この距離で相手に対する感情というのはすぐに分かります。
このような見方で女性が持つ隠れたサインを理解していくと、今まで気づかなかった部分が見えてくるようになります。

スポンサーリンク