男性心理 好意 話しかける 態度

好意がある時の態度や話しかける男性心理

スポンサーリンク

片思いの人ができると、その人のことばかり考えたり自分に好意があるかどうか誰もが気になってしまうものです。
直接、確かめるしか方法がないなら恥ずかしくて絶対に無理と諦める前に好意がある人にだけ見せる男性心理を理解すれば積極的にアプローチするチャンスがあります。
好きな人の態度やしぐさをよく注意して見た際に気が付くといつも近くにいる、職場や学校の仲間と話している時、自分に話しかける回数が他の人より多い、笑顔で挨拶や受け答えをしてくれる、さりげないボディタッチがあるなど思い浮かぶことがあれば好意を持っている態度です。
また逆にあまり話しかけることをしてこないけれど自分が話している時、相づちを打っている、共感してくれる、大きなリアクションで話を聞いてくれる場合は話しかけるのは緊張してしまい、こんなことを言ったら嫌われるかも、こんな話題は面白くないのではと消極的な男性心理が働き、気持ちにブレーキをかけていることもあります。

スポンサーリンク

仕事中や授業中など視線を感じる、やたらと目が合う、会話中に目を見て聞いてくれる、自分の方に身体を向けている、話しかけると嬉しそうな笑顔で対応されていたら好意がある確率が高いです。
誕生日や好きなこと・好きな食べ物などを覚えていてくれる、髪型やアクセサリーを変えた時にすぐ気づいてほめてくれる、困っている時に助けてくれたり優しい言葉をかけてくれるなど喜ばせようとする男性心理は無意識のうちに好意がある人にだけ出てしまうのです。
メール交換している仲なら特に用事がなくても「何してるの」「今日は寒かったね」などたわいない内容のメールを送ってくる、疑問形で締めくくられている、返信が早い、嬉しい感情を表した絵文字を使用していたらもっとメールを続けていたい願望が込められています。
他の男性と話していると、なんだか素っ気ない態度を取られる場合はジェラシーを感じている証です。
難しいようで実はわかりやすい男性心理を知って自分からも好意があるサインを送れば幸せな恋愛を掴むことができます。

スポンサーリンク