年上女性 好意 サイン アピール

年上女性の好意を表すサインのアピール方法

スポンサーリンク

年上女性が好きなのだけど、どう思われているかわからないので告白することができないのはよくあることです。
年上というだけで経験が自分よりあって、普段からかまってくれてるのは、男として見てくれていないのではと考えてしいます。
年上女性も好きであれば態度に出ますし、それをうまく隠しているのでわかりにくい場合もあるのです。
年上女性の好意を表すパターンは、三つあります。
一つ目は、自分の情報を覚えていてくれるということです。
誰でも好きな人のことは知りたがるものです。
普段の何気ない会話の内容を覚えてくれているのは、少なからず好意があるといえます。
例えば、自分の好きな映画があって話をすると、後日年上女性から「あの映画見たよ」と話しがあれば好きのサインです。
年上の女性からすれば、聞いた情報を覚えていますよと自然にアピールするチャンスなので、自分の話題に興味を持って合わせてくれるのは、好意があるサインだといえるのです。

スポンサーリンク

二つ目は、彼氏がいないことをアピールすることです。
例えば、週末は女友達と旅行に行ったとか、ひとりで映画を見に行ったなどです。
こういったひとりでもアクティブに行動していることをアピールするのは、彼氏がいないことをわかってほしいからです。
三つ目は、ボディータッチが増えることです。
初めからボディータッチに抵抗がない人もいますが、大抵は年上女性であっても異性に触れることは緊張するものです。
笑った時など感情が高まったときに、さり気ないボディータッチがあることは、好意のサインだといえます。
後は、お互いの距離にも変化があります。
初めは離れて話していたのに、最近は話すとき近いと思っているのなら女性の方から近づこうとしているので、これもサインのひとつといえます。
意外にも年上女性は、年下男性に好意があることをアピールしてダメだったらどうしようと思っているのです。
自分に自信をもっている女性は、好意があることを完璧に隠すかもしれませんが、大抵の女性はちょっとしたアピールをしているので見逃さないようにしたいです。

スポンサーリンク