40代 男性 脈あり しぐさ

40代男性が見せる脈ありのしぐさ

スポンサーリンク

一般的に40代男性と言えば、結婚していてある程度の年齢の子供がいる事が多くなっています。
しかし近年では晩婚化が目立っていますので、40代の男性でも独身でいる事はそれほど珍しい話ではなくなっています。
なので会社の上司や先輩と言った年上の男性と交際する年下の女性が多くなっていますが、その場合には女性の方が積極的に脈ありのしぐさなどを受け止めることが重要なポイントになっています。
ただし40代の男性が見せる脈ありのしぐさなどは、非常に分かりにくいとされています。
と言うのも若い方は女性の扱いに慣れていない事が多いですし、社会的な経験も少ないので脈ありサインなどは比較的分かりやすくなります。
一方ある程度の年齢の方は社会経験も豊富にありますし女性との付き合い方をわきまえている方が多く、簡単に脈ありと判断できるようなしぐさや行動を見せる事はありません。
なので、若い女性は勘違いをしやすくなっていると言えます。

スポンサーリンク

一般的に40代男性の脈ありの傾向としては、慎重さが大きなポイントになります。
特に独身の場合はその傾向が強く、恋愛や結婚相手について冷静かつ慎重に判断しようとします。
またこの年代の方は、周囲の評価を重要視しています。
一般的に責任のある役職についていることが多く、迂闊な行動を避ける傾向が見られます。
なので、職場などで好意を見せるような行動はほとんど見られません。
したがってこの年代の男性と交際する為には、二人きりでいる時の反応が重要なポイントになります。
例えばいつもよりも饒舌になったり、距離が近くなったりした場合には可能性が高くなると言えます。
また人目につかないと言う点で言えば、メールなども大きなポイントになります。
特に、この年代の方は頻繁にメールをする習慣がありません。
なので毎日とはいかなくても2〜3日おきにメールが送られてきたり、日常会話的な内容で送られてきた場合には脈ありの可能性は非常に高くなります。

スポンサーリンク