両思い 告白されない 中学生 理由

中学生で両思いなのに告白されない理由

スポンサーリンク

中学生といえば、恋愛にとっても興味がある年頃です。
ましてや、両思いとなれば告白して付き合うという選択が出てきますが、この場合で告白されないという状況も生まれることもあります。
これには、いくつか理由が考えられます。
まず1つ目は、告白する側が照れ屋ということです。
よく小学生の男子が好きな子に素直になれず、意地悪なことを言ってしまう、という状況がありますが、この場合もそれと同じ状況です。
好きだからこそ、素直に好きと伝えることができないのです。
ましてや中学生、大人のように甘い言葉なんて思い浮かびません。
また、もしも万が一振られてしまったらどうしようという、不安な気持ちと葛藤をしていることも考えられます。
この場合、両思いだとわかっているのならば、告白される側が人肌脱ぐことが大事です。
ちゃんと好きだということ、告白されても受け入れられることを、話し方、仕草、態度で少しでも伝えることが大事です。
そうすることで、告白する側も決心がついて、告白してくれることでしょう。

スポンサーリンク

次の中学生で両思いなのに告白されない理由は、深刻な理由がある場合です。
例えば、親友や周りの友人たちも同じ人が好きだという理由です。
中学生では友人関係がとても大切な時期です。
そんな時に、親友や友人たちと同じ人が好きだけれど両思いだと分かっているからこそ告白をしたとしても、友人関係にヒビが入ってしまい、様々な障害が生まれることになります。
友人をとるか、好きな人をとるかと、葛藤している場合も告白されない理由なのかもしれません。
この場合は、その理由を知ることができるのであれば、状況が落ち着くのを待つ手があります。
友人たちが他の人を好きになるのを待つのもいいですし、中学生には高校受験があります。
高校へ進学すると、違う高校へ進むことで友人関係も大幅に変わり、好きな人が変わる人もほとんどです。
少し時間はかかりますが、2人の絆が試されていると思って、じっと我慢することも1つの手です。
両思いなのに告白されないことには、様々な理由があります。
好きな人を信じて、乗り越えて、素敵な恋愛を手に入れてください。

スポンサーリンク