両思い 診断 小学生

小学生と両思い診断について

スポンサーリンク

好きな人ができたら、その人と両思いになりたいと考える人は大勢います。
しかし何を用いて相手の気持ちを判断すればよいのかと言えば、そこが分からず思考停止することが少なからずあります。
そういうときに役立つのが「両思い診断」です。
これは好意を持つ相手の行動や仕草などから、自分に対する感情を推し量る方法です。
言うなれば心理試験の一種となります(精神科医の診断と違うのは、相手に自分が何をしているのかを伝えず、その意図をはかろうとしているという部分です)。
その際の判断基準はいくつかありますが、代表的なものを列挙すると以下の通りとなります。
「自分に笑顔を向ける回数が多い」「自分のことを度々見てる」「私生活を訊ねられたことがある」「メールやラインでのやりとりが多い」「遊びに誘っても断らない」等、言われてみれば何だと感じる部分が多いですが、他人に対する好意の表れというものは、年齢を問わずに同じ部分がある(小学生から社会人まで根は同じ)ので、これらは無視できません。

スポンサーリンク

最近は早熟な子供が多いため、小学生や中学生でも恋愛をしたい、両思い診断をしたいと考える子は少なくありません。
しかし身体は成長していても、彼ら(特に小学生)は精神的には未熟な存在であるため、比較的簡単にその診断を行うことができます。
これは「俗に言う好きな子にほど構いたがる(意地悪をする)」という行為を指します。
小学生の男の子ですと、「好きだから自分の存在を相手にアピールしたい」とか「ちょっかいをかけてみたい」という欲求を素直に相手にぶつけるため、周りからもそれがすぐに分かります。
これが女子の場合ですと、「気にかけている男子の世話を積極的に焼くようになる」「目が合ってもすぐにそらすようになる」など、相手に対し自分が恋愛感情(異性に対する羞恥心)を抱いているということを示します。
そうした傾向にあることから、周囲にいる人間も、あの二人は両思い(互いを異性として強く意識している)というのが分かるため、大人に比べれば扱いやすい部類となります。

スポンサーリンク