両思いなのに振られた 理由

両思いなのに振られたりする理由

スポンサーリンク

両思いなのによく考えたら付き合えないとか、なぜか矛盾したことが恋愛ではよく起こります。
傷つきたくないとか慎重な人は、色々考えて付き合うことはできないと判断するかもしれません。
こうなると両思いだと思って告白した方は、両思いなのに振られたとなってしまいます。
このようなケースで振られる理由ですが、4つのパターンがあります。
一つ目は、遠距離恋愛の場合です。
相手が遠くにいて「会いたいときに会えない」と考えてしまい、付き合えなかったという理由は十分に考えられます。
遠距離恋愛は、自分と相手のどちらかの負担が大きくなるものです。
慎重な人はそう考えてしまい、付き合わないが、自分の気持ちは相手に伝えているといった状況になっていると考えられます。
二つ目は、実は本当に好きではなかったというパターンもあります。
好きになれるかもと思って友達から始めることがあります。
よく連絡をとったり、会ったりすると自然とお互いに意識し合って好きになっていくので、この考え方は間違っていないのです。
しかし、いざ告白されて冷静に考えると好きだけどそこまでじゃない、本気になれそうにないと考えてしまうのも事実です。

スポンサーリンク

三つ目は、好きだけど親友が相手のことを好きなのを知っていて、両思いなのに振られたというパターンがあります。
自分と相手と親友の三角関係になっている状況で、相手側が親友のために友情を優先して身を引くときは、振られます。
友情を大事にできる人で慎重な人は、納得できる理由がないと付き合うことはないです。
例えば、大事にしている親友が、自分と相手が付き合うことに納得しているのであれば、振られることもないはずです。
四つ目は、やるべきことがあって恋愛よりも優先したい人は、両思いなのに付き合わないと判断します。
恋愛よりもやるべきことを優先する人は、計画性があって目的意識の高い人なので結果が出ないと付き合うことはないと考えられます。
進学や就職によって生活環境が変わった場合も、受験や仕事に集中したいと考えているので、両思いなのに振られたりするケースがあります。
デートの時間が取れなかったり、連絡ができなかったりと相手に迷惑や心配をかけると慎重な人は考えるので、振られてしまうことになります。

スポンサーリンク